スマホを自分で修理してみよう!

スマホの修理方法教えます!

スマホの修理費用はどのくらい?

「道路で歩きながらスマホを使ってたら人とぶつかって、落ちたスマホの画面が割れた」、「トイレでスマホを使ってたら、スマホがトイレに落ちて故障した」、「充電しようと思ってコネクターに端子が入らなくなっていて、充電できない」。
以上のような事が原因の「スマホの画面破損」、「スマホの水没故障」、「充電コネクタの破損」がスマートフォンの故障の上位を占めているようで、皆さんも体験したことがあるかもしれません。

それではこれらの頻繁に起きる故障の修理費用はどの程度なのでしょうか?
「画面修理」の費用は1万5千~4万円程度、「水没復旧」は1万円程度、「充電コネクタの交換」は1万5千円程度、機種や修理を頼む所によって値段のバラツキはありますが、このくらいが相場の価格と言えます。

画面修理の価格は新品のスマホが買える値段だと言えます。

スマホの修理「パーツを取り寄せる」

スマホの頻繁に起こる故障である、「液晶画面の破損」の業者修理の費用は1万5千円~4万円が相場であり、この価格であるならばミドルシップモデルのスマートフォンを買いなおした方が良いと言えるかもしれません。

しかし、もしアナタにやる気と時間があるなら自分で修理する方法もあります。
このサイトでは「液晶ユニットの交換方法」を大まかにお教えします。

まず故障したスマートフォンの状態を確認しましょう。
画面がひび割れているだけで操作が出来るようなら、それは軽度でガラスを交換するだけですむ可能性があります。
もし画面がひび割れている上に、画面で操作を受け付けない、もしくは意図しない動きをする場合は、液晶ユニット全てを交換する必要があります。

海外のサイトで直接注文すると液晶ユニットは1万円以下で手に入りますが、到着は1週間~3週間かかる事を覚悟してください。